テニスボーイドットネット

テニスで勝つ方法!強者(つわもの)の技術+戦術+戦略+精神+肉体

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
ホーム 質問回答編1 試合になるといつも通りに打てない!/質問回答第1回

試合になるといつも通りに打てない!/質問回答第1回

印刷 PDF
おはようございます! カムイ・レイジです。

さっそく、質問メールがいくつか届きましたので、
その中の1つに回答します。


<質問>

こんにちは!テニスに熱い高2生です。

僕は試合になるといつも通りに思い切り打てなくなってしまいます。

メンタルトレーニングや、
インナーゲームを実践しているのですが、
なかなか効果が現れません・・・・。

あと少しで部活が終わってしまう上、
これまでに一度も満足できる試合をしたことがないので、
最後くらい全力で打てるようになりたいです!

アドバイスよろしくお願いします!


<回答>

練習ではちゃんと打てるのに、
試合ではいつも通りに打てない。

ズバリ!これは経験不足です。


テニスは一見華やかで上品なスポーツに見えますが、
本質は1対1の殺し合いなんです。

やるかやられるか、
生きるか死ぬか、
Dead or spectacular new free teen porn blog Alive !

シングルスに限らずダブルスもそうです。
2対2になるだけです。

64人のトーナメントは、
63人の死体の山の上に、
たった1人だけが生き残って立っている。

信じられないかもしれませんが、
スポーツの本質とは、
殺し合いや戦争のシミュレーションなんです。

実際に殺し合うことなく、
人間の内に潜む厄介な殺害本能を、
平和的に解消してしまう。

人類の叡智が生み出した偉大な財産です。

このテニスの本質をまず理解してください。

そうすると、
生きるか死ぬかの試合で、
極度に緊張して体がいつも通りに動かないのは、
当たり前のことなんです。


では、どうすれば、
いつも通りでいることが出来るか?

それは、場数を踏むことです。
「ばかずをふむ」と読みます。

実戦経験を数多く積むこと。
これが大事です。

部活内での試合数を大幅に増やす。
対外試合を毎週土曜日に必ずやる。
一般の大会にどんどんエントリーする。

やり方はいっぱいあります。

あるいは、
試合の勝ち負けは横に置いておいて、
試合形式で練習する。

例えば、
同じぐらいの実力の人と、
部活が休みの時に、
シングルスを5セットやってみる。

勝ち負けではなく、
ただ5セットをこなす。

時間があるなら10セットでもいい。
何セットでもいいからたくさんやる。

これは、かなりの戦術練習になります。


また、あるいは、
自分の勝ちパターンを作っていくために、
勝ちグセをつけるために、
いい方法があります。

それは、言葉は悪いですが、
自分よりかなり弱い選手を、
自分の咬ませ犬にする方法。

キミは2年生だから、
1年生の一番弱い人から順番に試合に誘って、
1人ずつやっつけていく。

ダブルスだったら2人ずつやっつけていく。

部活の練習時間内でもいいし、
早朝練習でもいいし、
部活が休みの日のテニスコートでもいいし、
どこか別のコートでもいい。

1年生はいくらボコボコにやられても、
嬉しいに決まってます。
それもすごい練習になるのだから。

どうやっても負けない相手だったら、
思いっきり打って勝つことが出来るはず。
また、逆にそういう相手を選ぶんです。

そうしていきながら、
思いっきり全力で打つことだけがいいことではないことも、
学んでいくことが出来る。


それでは、今日のまとめです。


『 練習通りに試合でも打てるようになるには
   場数を踏む
  つまり
   試合体験・実戦経験を数多く積むこと  』


長くなってしまったので、
最後にもう一言だけ。


『 テニスにおいて最も重要な戦略

  それは
   攻めるべき時に 攻めきり
   守るべき時に 守りきり
   つなぐべき時に つなぎきることにある 』



 
テニスグッズ・お買い得商品情報

テニス365